水素サプリメントの基礎知識
水素サプリメントとは?
水素サプリメントにはカプセルタイプと錠剤タイプの物があり、商品ごとに原材料や水素発生量も違います。

水素は体内でサプリメントと水が反応することで発生し、水素発生時間は商品によりピンきりですが、長いものだと24時間以上水素を発生させ続けます。

水素水の場合は飲まずに保存して置くだけで水素濃度が低下しますが、サプリメントの場合はその心配がなく、持ち歩きもラクです。

また水を飲むのが苦手な人でもサプリメントなら、無理することなく水素を摂ることができます。

水素サプリメントで期待できることとは?
水素を摂ることで病気や老化の原因となる悪玉活性酸素を除去できるので、アンチエイジングなどが期待されます。

他にもシミ・シワ・くすみ予防や改善、脂肪燃焼効果、疲れにくくなったり、寝付きが良くなるなどが報告されています。

水素サプリメントの一日の摂取量とは?
1カプセル当たりの水素発生量は商品ごとで違うため、一日の推奨量も商品ごとによって違い、少ないものだと1日1カプセルですが、多いものだと1日8カプセル推奨と記載されています。

またサプリメントを飲む場合は、30度以上のぬるま湯で飲むことで水素の発生量を高めることができます。

酸化還元電位とは?
酸化還元電位とは還元力を表す数値で単位はmV(ミリボルト)です。
プラスの値が大きければ酸化力が強く、マイナスの値が大きければ還元力が強いということになります。

ただし、純水の200mVが基準となるので、プラスの数値が全て酸化しているというわけではありません。

地域によって違いますが、水道水は大体500~700mVと酸化状態なのに対し、水素水は-400~-500mVと非常に強い還元力を持っていて、水素サプリメントも水と反応することで大量の水素を発生させ、高い還元力を発揮します。

言い換えれば、水道水を飲むことで体がサビる(老化)のに対し、水素水(水素サプリ)を飲むことでサビを取る(アンチエイジング)になります。