パーキンソン病にも水素が効く

パーキンソン病は未だ原因が解明されていない病気の一つですが、
人やマウスを使った試験により症状改善に水素が有効だと言う事が分かりました。

パーキンソン病について

パーキンソン病は手足が震えたり、体の動作が遅くなったり、
筋肉が固くなりこわばるなどの症状が出ます。

原因は未だ解明されていませんが、最も有力とされているのが
悪玉活性酸素による神経細胞の破壊です。

基本的にパーキンソン病の治療には薬物治療が行われますが、
どの薬を使っても幻覚・幻視などの副作用が出ます。
パーキンソン病の治療には副作用は避けられないのです。

水素とパーキンソン病の研究

パーキンソン病研究のパイオニアである順天堂大学で、
パーキンソン病患者18名に対して二重盲検試験が行われました。

9名には水素水を、残りの9名には普通の水を1日1L飲んでもらい、
48週間に渡り続けてもらいました。

結果は水素水は安全かつ、パーキンソン病の症状改善に有効だと分かりました。

二重盲検試験とはプラセボ効果を防ぐ意味があり、
被験者18名全員が「自分は水素水を飲んでいる」と思い込んでいる状態です。

また、名古屋大学で行われたラットを使ったでも同様の結果となり、
あまりの効果に自分たちの作業手順が間違ったのではないかと思い、
同じ試験を4回繰り返し行ったが結果は変わりませんでした。

水素とパーキンソン病の研究にはこれからも期待したいです。


    試験で実証済み!本物の水素サプリランキング!

    ヘルシアーナ水素
    コスパ最強の人気商品!
    アクアシャイン
    圧倒的な還元力!
    ハイドロゲンEX
    質と価格のバランスが抜群!

    コメントは受け付けていません。