水素サプリの水素発生原材料の違い

水素サプリメントには水素を発生させる為の原材料が含まれていますが、
商品によって水素の発生源(原材料)が違います。

水素の発生源(原材料)は主に4つあり、それぞれの違いをご紹介します。

水素を発生させる4つの原材料

サンゴカルシウム


サンゴカルシウムは多孔質なサンゴの特徴を活かし、
サンゴに水素を吸蔵させて粉末化した物です。

サンゴカルシウムを使った商品は激安で販売されている事が多いですが、
水素発生量は極わずかに発生している程度か、何も発生しない粗悪品が多いです。


機能性ゼオライト


ゼオライトと貝殻焼成カルシウムとを合わせた物に
特許技術を使って機能性ゼオライトを生成します。
この機能性ゼオライトが水と反応して水素を発生させます。

ゼオライトを使った商品は数千円~2万円を超える物まであります。
水素も発生し還元力もありますが、
数万円を出してまで購入する必要があるかと言われればノーです。

数千円の物でもしっかり水素は発生しますし、
高ければ良いと言う物でもありません。


精製岩塩


精製岩塩はミネラルに水素を吸蔵させた物です。
水素化マグネシウムとして化粧品にも使用されている安全な素材です。

価格は数千円~1万円強くらいです。
水素量も比較的多く還元力が高いです。


マイクロクラスター(フラナガン水素)


クエン酸カリウム、炭酸カリウム、微粒酸化ケイ素、硫酸マグネシウムの
4つを配合したパウダーで水と反応して水素を発生させます。

価格は数千円~~1万円強くらいです。
水素量が多く還元力も圧倒的です。

どの原材料を使用した商品が良いのか

私が実際に試験を行った限りでは水素発生量(還元力)は以下になります。

マイクロクラスター > 機能性ゼオライト > 精製岩塩 > サンゴカルシウム

特にマイクロクラスターを使用した商品の還元力は非常に高く、
試験でもしっかりと確認出来ました。

機能性ゼオライトと精製岩塩を使用した商品も還元力は高いですが、
マイクロクラスターにはやや及びませんでした。

サンゴカルシウムを使用した商品は最も多くの種類が販売されていますが、
粗悪品も非常に多く、試験の結果から言ってもあまりおすすめしません。

もちろん全ての商品に当てはまるわけではありませんが、
私が試験を行った限りではこのような傾向が試験で確認できました。


    試験で実証済み!本物の水素サプリランキング!

    ヘルシアーナ水素
    コスパ最強の人気商品!
    アクアシャイン
    圧倒的な還元力!
    ハイドロゲンEX
    質と価格のバランスが抜群!

    コメントは受け付けていません。